FrontPage>ニューヨーク>アメリカ東部の名建築を訪ねて

摩天楼のスカイライン。でもその中に一歩足を踏み入れた時、その摩天楼の足元には多くの様式建築やアール・デコが息づいているのに気付きます。マッキン・ミード・ホワイトの様式建築から、フランク・ロイド・ライト、S.O.M.、フィリップ・ジョンソンなどの近代
建築からポスト・モダンまで、まさにニューヨークは建築デザインの宝庫です。

1) ライトの傑作 落水荘とグーゲンハイム美術館
2) 巨匠建築家の作品が集まる マンハッタンの摩天楼
3) フィリップ・ジョンソンの私邸 ガラスの家
4) 現代建築の宝庫 ニューヘーブン/エール大学

ニューヨークの建築デザイン視察は、こう攻める!!(サンプル・プラン)
1日目。夕刻のフライトでピッツバーグ着後、コーディネーターの出迎えを受けて、落水荘の近くのホテルに投宿。

2日目。落水荘を朝一番のツアーで見学(写真撮影可)後、やはりライトの傑作、ケンタック・ノブ(室内の写真撮影不可)を見学して、ピッツバーグ空港からニューヨークへ。    <8時間>
ニューヨーク空港着後、ガイドの出迎えを受けて、郊外のホテルに投宿。

3日目。終日、コーディネーターと共にマンハッタンの有名建築視察。夕食は有名建築家デザインのレストランで食事を楽しみながら、インテリアなどをチェック。

4日目。終日、コーディネーターと共にマンハッタンの有名建築視察。夜はジャズなどのオプショナルツアーをお楽しみ下さい。  

主な建築家:
S.O.M.、アルキテクトニカ、アンシプトート、フランク・ゲリー、イーロ・サーリネン、グワスミー・シーゲル、ジャン・ヌーェル、ショップ・アーキテクト、フィリップ・ジョンソン、谷口生、ウィンカ・ダベルダム、バーナード・チュミ、ディラー・スコフィディオ+レンフロ、レンゾ・ピアノ、ノーマン・フォスター、リチャード・マイヤー、シーザー・ペリ、ヘルツォーク&ド・ムーロン、I.M.ペイ、ジェームズ・ポルシェック、モーフォシス、ミース・ファン・デル・ローエ、ケビン・ローチ、その他。

5日目。午前中、フィリップ・ジョンソン氏の私邸「ガラスの家」を訪問。午後はエール大学の建築を外から見学。

ニューヨーク?