京都から団体旅行フィリピンへ団体旅行で関空発着ユニットプラン

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

◆2017年 6月~9月 
人気のボラカイ島へ同日乗継が可能に!
選べるホテル!

詳細はPDFをご覧下さい

◆2017年 4月~9月 

パビリオン(スーペリアクラス)利用
往復送迎、朝食2回付
詳細はPDFをご覧下さい

◆2017年 4月~9月 

パシフィックセブ(スタンダードクラス)利用
往復送迎、朝食3回付
詳細はPDFをご覧下さい

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

マニラ旅行記 2009-12-07

関西国際空港から4時間30分(帰りは3時間40分)で常夏のフィリピンの首都マニラに到着です。12月ということもあり、関空までは厚着をしていましたが、マニラについたとたんにTシャツ1枚でも汗をかくくらいです。この日の最低気温は24度、最高気温は30度でした。12月から5月が乾季で、旅行中は常に良いお天気に恵まれました。時差も日本から1時間遅らすだけで、変な時差ぼけもありません。

今回はフィリピン航空を利用、9:55関空発で13:30にマニラに到着。その日のうちにホテル見学を3件とカジノ見学ができました。
マニラに行ったのは7年ぶりでしたが、空港も新しくなり、以前の物乞いなどが多くちょっと危険なイメージはなくなり、他のアジアの空港と同じように綺麗で比較的安全な感じに変わっていました。

ホテル見学の1件目はTHE HERITAGE HOTEL(ザ ヘリテージホテル)
画像の説明画像の説明
リーズナブルなホテルながら設備は十分、全室改装済みで部屋も綺麗でした。バサイ地区にあり、ニノイ アキノ国際空港から15分という立地も見逃せません。

2件目はDIAMOND HOTEL(ダイアモンドホテル)。
画像の説明
画像の説明
マニラの中心地エルミタ地区にあり、どこへ行くにも比較的動きやすい場所にあります。室内も洗練されていて高級ホテルです。

3件目はHYATT HOTEL & CASINO MANILA(ハイアットホテル&カジノ)。
画像の説明
空港からは少々北へ上りマラテ地区になります。周辺にはレストランやバー、ディスコがあり、ビジネス・観光の拠点におすすめです。室内は写真をご覧の通り広々感があります。

今回は行きませんでしたが、他にマラテ地区のPANAM HOTEL(パンナムホテル)マカティ地区のSHANGRI-LA(シャングリ・ラ)、THE PENINSULA(ザ ペニンシュラ)などが、よく日本人が利用されるホテルということでした。

夕食はフィリピン料理、エスニック料理で香辛料盛りだくさんなのを想像されるかと思いますが、香辛料は他の東南アジア諸国に比べ控えめで、辛くなく、甘過ぎず、食べやすい料理です。その中でも私はシニガンというお酢が利いたすっぱいスープが大好きになりました。レストランでは弾き語り(流しのおじさん達)が場を盛り上げてくれます。300年間スペインの植民地だったこともあり、音楽は陽気なスパニッシュ系のものが中心だったように思います。

2日目
観光スポットのリサール公園。
画像の説明
ここはフィリピンの英雄ホセ・リサールが銃殺された場所でもあり、リサール記念像が建てられており、その傍には衛兵が2人りりしく護衛していました。朝8時から2時間おきの交代で、運がよければ交代式が見れるとのことでした。
画像の説明
記念像の前に立つ国旗ポールはフィリピンのゼロポイン
トでもあり、ここを基点にフィリピン各地の距離が測られています。

有名なサンチャゴ要塞。
画像の説明
スペインの統治時代に建てられた石造りの要塞は、その後、イギリスやアメリカ軍の司令部として使用され、太平洋戦争中には、日本の憲兵隊の本部としても利用されました。今は綺麗な公園となっています。この日はパレードの準備もされていました。

国内最古の石造り教会、サン・アグスチン教会。
画像の説明
外観は化粧直しされていますが、完成は1606年です。内部見学もでき、修道院の建物を利用した博物館もあります。教会前の一角がスペインの統治時代を思わせる古い町並みが保存されいて、石畳が続いていたのも綺麗でした。

スラム街とスモーキーマウンテン。
マニラの中心部からバスで30分ほど北上すると、左側には港、右側にはバラック小屋が目立ちだします。トタンで囲っただけのような家々や看板を組み合わせ壁にしているような家々が所狭しと立ち並んでいました。
貧困をまともに目にした中、そこにいる子ども達がとても元気に満面の笑顔で遊んでいる姿が多く見られ、まったく卑屈な感じを与えないのに何故かこちらが戸惑いました。フィリピンでは自殺はほとんどなく、自殺者がいれば新聞の1面トップで載るそうです。競争が激しく、他人との比較に明け暮れている日本との違いに驚き、考えさせられました。
ごみ山として有名なスモーキーマウンテンも今は利用されておらず、草が覆い茂っていました。草の合間から見える地層は、やはりゴミでできており、いまだに有毒ガスが出たり、様々な問題を抱えているようです。
画像の説明

マカティ地区
商業地でもあり、高級ショッピングモールがある地区。高層ビルが建ち並び、道々にはクリスマスの飾り付けがされていて、先ほどとは別世界のようでした。ショッピングモールにはルイ・ヴィトン、グッチ、ブルガリなど高級ブランドも多くあります。値段はさほど日本と変わりません。
画像の説明
画像の説明

3日目は朝から近くのスーパーへ行き、お土産チェック。空港で買うより安い!フィリピン独特のすっぱ辛いスナック菓子やチョコレートを買い込みました。

昼に空港へ到着し、早めのイミグレーションへ行きました。混む時は40分ほどかかるので、早め早めと思い行動しましたが、この日は空いていて5分とかかりませんでした。おかげでゲート前で1時間以上待つことになりました。時間なく、焦るよりはいいですが、たいしたお店もなく、レストランもないゲート前でしたが、みんなで旅の思い出話をしながら楽しく過ごすことができました。

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム