FrontPage>おすすめ三重旅行>伊勢

日本の旅の原点へ
三重の旅といえば、何よりもまず、伊勢神宮を抜きにしては始まりません。2千年以上の歴史を持つこのお宮への旅は、「一生に一度はお伊勢参り」といわれ、江戸時代からの庶民の夢とされてきました。
伊勢神宮は、内宮、外宮のほか、別宮、摂社、末杜など125社から成る広大なお宮です。なかでも天照大御神を祀る内宮は日本で最も格式が高いとされ、伊勢神宮は、正式名称も「神宮」というように、まさに日本を代表する神宮のなかの神宮として親しまれています。お伊勢参りといえば、衣食住全般を司る豊受大御神を祀る外宮を参拝し、その後に内宮というのが古くからの習わしとなっています。ただし近年では、信仰や祈願といった風習をこえ、神聖なパワースポットとしての気を感じたり、深い森に抱かれた五十鈴川畔のマイナスイオンたっぷりの空気で心身を癒すことを目的に訪れる人も多くなっています。参拝のあとは、内宮前の土産物店や飲食店が集まる「おはらい町」「おかげ横丁」で、お伊勢参りのにぎわいを楽しむのも旅の愉びのひとつですね。

伊勢地方独特の太い麺に、一見濃いタレのように見える黒い汁(たまり醤油にミリンやだしを加えたもの)を絡めて食べます。初めての人は、見た目にとまどうこともしはしはですが、もちもちとした食感のうどんと、見た目に反してさっばりしたタレの絶妙な絡みは、伊勢に来たら是非体験してほしい一品です。シンプルなうどんだからこそ、タレの微妙な味加滅の違いが分かります。

内宮へと続く通り沿いには、伊勢うどんやてこね寿しなどの郷土料理、地酒や伊勢の特産品、職人技が光る伝統工芸の土産物などの店が軒を連ね、多くの参拝者でいつも賑わっています。通りの一角には、江戸時代のおかげ参りに因んで名付けられた「おかげ横丁」が伊勢路の名産品や名物料理が揃い、季節ごとの催しか開催されます。

伊勢神宮の歴史や地元のお話など、ちょっと違う旅を楽しく案内してもらえます。
(外宮・内宮のご案内、申込方法・案内希望日の1週間前までにお申し込みください。(社)伊勢市観光協会

交通安全と開運の神様で知られる。天孫降臨の際に道案内をつとめた「みちひらきの神」猿田彦大神が祀られおり、家業繁栄、交通安全の神として知られています。八角の柱を使った欄干や烏居など、独自の建築様式も必見です。

アッカンベーあざらしが人気!
「海獣広場」で毎日行われる、セイウチやアザラシ、イルカなどの海獣ショーが人気の水族館。問近で触れ合えるいろんなイベントがあります。入館料1300円。

体験できて楽しく学べる様々なアトラクションや、本格的なお芝居が観られる劇場まである歴史エンターテイメント!村民と交流できる新エリア「ちょんまげde!ワールド」も誕生。入館料2500円年中無休(2月除く)。

お伊勢参りで賑わった江戸時代に創業された老舗の酒問屋が修復され、資料館と商人蔵として生まれ変わりました。往時の風情を残す母屋と7つの蔵は、貴重な資料であると同時に、様々なイベントが行われる交流の場にもなっています。

おすすめ三重旅行