京都から団体旅行山陽方面の団体旅行オススメの京都出発プラン

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

動画によるサンプル行程紹介

広島岡山

行程
1日目京都駅→佐用町南光ひまわり祭り→昼食→高見國一鍛刀場→姫路城→京都駅
概算費用大人40人として@9,400円、計38万円程度(大型バス(ワンマン)、高速料金、昼食、入館料を含む)
0273注:シーズナリティー、料理内容、経路等により変わります。詳しくはお問合せ下さい。

夏の企画です。7月中旬日帰りならこれ!
佐用町のひろーい畑に一面のひまわり!
思わず飛び込みたくなります。
nanjyo-himawari.jpg
京都から佐用までは名神高速、中国自動車道を利用し山崎ICへ。そこからは下道で約10キロ。ここはまだ兵庫県です。
南光スポーツ公園を目指すと広大なひまわり畑が見えてきワクワクします。
畑に入るとたくさんのひまわりに包まれて元気をもらえますよ。
近くで昼食を取ったら次は珍しい刀造りの現場へ。
今でも手作りで作っておられる方がいるんですねー。完成品を見るだけでも美しさ、すごさが伝わってきますが、実際に作っておられる方からお話を聞き、工房を見せて頂くと「魂の宿った」という言葉が刀にはふさわしいと感じられます。
ここからまっすぐ瀬戸内海の方へ向かうと赤穂浪士で有名な赤穂になります。
今回は赤穂ではなく、姫路城の方へ行きます。
himejijyo.jpg
天守閣の大修復を終えた姫路城ですが、平成27年3月27日にグランドオープンとなります。修復中にも白鷺城がさらに白さを増し目前に見れるのではないでしょうか。楽しみです。

【ページトップへ】

1日目京都市内→武蔵の里(観光・昼食)→奈義町現代美術館→湯郷温泉(宿泊)
2日目宿出発→城東むかし町家→「ドイツの森」→備前長船刀剣の里→五味の市→京都市内帰着
概算費用大人40人として@32,400円、計129万円程度(大型バス(ワンマン)、高速料金、1泊夕朝食、昼食、入館料を含む)
1555注:シーズナリティー、宿泊先、料理内容、経路等により変わります。詳しくはお問合せ下さい。

湯郷画像
京都から中国道を西へ加西サービスエリアで休憩を取りつつ約2時間半で宮本武蔵生誕伝承地である岡山県美作市宮本に到着。
こちらでは武蔵直筆の作品や武蔵の像、生家(外から見学)などがあり剣豪、宮本武蔵ついて詳しく知ることができます。
奈義町現代美術館ではここになぜ?と思うような斬新な建物が。
一番の見どころは日本庭園を丸い筒の中に収めてしまった建物です。
説明が難しいですが、必見です。
nagibijyutukan (4) nagibijyutukan (2)
早目の湯郷温泉到着で、ゆっくりおくつろぎ下さい。
2日目は湯郷温泉から30分ほどで城東むかし町家に到着。
江戸期から昭和初期までの建物が並ぶ城下町津山を散策します。
jyoutoumukashimachiie.jpg
その後は1時間ほどバスを走らせ岡山県農業公園ドイツの森へ。
こちらでは四季折々のお花畑を見学した後、ご昼食。
バイキングレストランやバーベキューなどもあります。
ご昼食後はさらに1時間ほどバスを走らせ備前長船刀剣の里に到着です。
こちらでは伝統美術工芸の技を受け継ぐ職方が、実際に作業する工房を一般に公開されていて密頃ができるほか、刀の博物館もあり、また刀剣類や備前小刀・刃物類を中心に、備前焼、工芸品など刀剣の里ゆかりの伝統美術作品を展示販売もされています。
角棟に分かれていて見て回ることができます。
備前長船刀剣の里
刀剣見学の後は海辺へ出て道の駅でお買物の後、京都へ戻ります。

【ページトップへ】

1日目京都市内出発→「サッポロワイン岡山ワイナリー」→(昼食)→後楽園 →鷲羽(宿泊)
2日目宿出発→「むかし下津井回船問屋」→倉敷大原美術館(昼食)→ 京都市内帰着
概算費用大人40人として@32,500円、計130万円程度(大型バス(ワンマン)、高速料金、1泊夕朝食、昼食、入館料を含む)
0073注:シーズナリティー、宿泊先、料理内容、経路等により変わります。詳しくはお問合せ下さい。

倉敷コース画像
京都から三木サービスエリアなどで休憩を入れながら約3時間でサッポロワイン岡山ワイナリーに到着です。
こちらでは工場見学&試飲をお楽しみいただけます。
見学だけでも良い香りがしてきてほろ酔いになりそうです。
雰囲気ある建物の中でゆっくり寝かされたワインをご賞味ください。
見学の後は近くのドライブインにてご昼食。
以前はワイナリーでバーベキューを営業されていたのですが、現在は残念ながらやっておられないようです。

昼食後は日本三名園の一つ、岡山の観光といえばまず後楽園です。
広い庭園では四季折々の表情が楽しめるようになっています。
梅林の梅から菖蒲、蓮、モミジなどでも有名です。
また庭の向こうには岡山城の天守閣が見え撮影スポットにもなっています。
画像の説明
後楽園散策の後は海側へ向かい、海を眺めながらの鷲羽温泉でごゆっくりと。

2日目は倉敷にて美術館と美観地区の町並み散策をお楽しみ頂きご昼食も済ませ一路京都へ。
画像の説明
倉敷は紡績で有名で、児島は国産ジーンズ発祥の地ということもあり、美観地区内には最近ジーンズショップも多く出店されています。
kurasiki2016-02-19 (17)

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

【ページトップへ】

広島コース画像

1日目京都市内出発→尾道(昼食)→千光寺→錦帯橋→宮島口→宮島(宿泊)
2日目宿出発→厳島神社→宮島口→平和記念公園・原爆ドーム→(昼食)→ 京都市内帰着
概算費用大人40人として@35,700円、計143万円程度(大型バス(ワンマン)、高速料金、1泊夕朝食、昼食、入館料を含む)
0132注:シーズナリティー、宿泊先、料理内容、経路等により変わります。詳しくはお問合せ下さい。

広島までバスでは大変だろうと思われる方もおられるかと思いますが、朝8時に京都出発で考えますと竜野西S.A.、福山S.A.と休憩を取りながらお昼には尾道に到着します。
尾道ではご昼食と千光寺への参拝で坂の上から尾道を一望できます。
観光後、約2時間で広島を通り過ぎ、山口県は岩国市にあるアーチが綺麗な木造の錦帯橋まで行き見学。
その後戻るような形で宮島へ向かい、宮島口からフェリーで宮島へ渡りお宿に到着。
これでも18時ごろには宿に着く予定です。

2日目は朝から宮島の中にある世界遺産の厳島神社にご参拝。
水辺の上に浮かぶ神社は美しいです。
海の中にある大鳥居は引き潮の時なら歩いて行くことができます。
これもまた神秘的です。
フェリーにて宮島口へ渡り、ご昼食後広島市内へ入ります。
世界遺産の原爆ドームや平和記念公園を見学した後、一路京都へ戻ります。
19:30頃には京都到着予定です。

もちろん新幹線を使って行けば快適で早いですし、観光名勝を増やすこともできます。
ただ、費用面から今回はバスでの旅を掲載致しました。
新幹線ご利用の場合はお一人様約2万円アップの@55,000円程度になります。
(現地にてバスを利用することを考えており、バス代は下がりますが、現地の観光費用が増えるのを見込んでいます。)

1日目京都市内出発→尾道(昼食)→千光寺→宮島口→厳島神社→宮島(宿泊)
2日目宿出発→宮島口→平和記念公園・原爆ドーム→呉 てつのくじら館・大和ミュージアム→(昼食)→京都市内帰着
概算費用大人40人として@36,200円、計145万円程度(大型バス(ワンマン)、高速料金、1泊夕朝食、昼食、入館料を含む)
1556注:シーズナリティー、宿泊先、料理内容、経路等により変わります。詳しくはお問合せ下さい。

こちらのコースは錦帯橋へは行かず、尾道から宮島へ入り初日の夕方に厳島神社をするコースとなります。
夕映えに映える厳島神社をご堪能ください。
2日目は広島市内観光と呉にも立ち寄り。
実物の潜水艦を陸揚げしたてつのくじら館や戦艦大和の実物の十分の一のモデルがある大和ミュージアム等にも行くコースとなっております。

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

【ページトップへ】
京都から団体旅行