FrontPage>添乗員日記>1泊二日伊勢の旅

1泊二日伊勢の旅

1日目 京都→伊勢神宮・内宮(おはらい町散策・昼食)→外宮 →鳥羽温泉(泊)
2日目 二見ヶ浦・賓日館→夫婦岩→松阪市(昼食)→イングリッシュガーデン→京都
伊勢神宮
伊勢神宮

出発は日曜日でしたが高速道路は意外とスイスイと快適に走れました。しかし、内宮に到着すると、駐車場が満車で乗用車は長い列を作っています。列を横目にバス・タクシーレーンに入り、入り口に到着、お客様にはここで降りていただき集合時間をお伝えし、車は地元のタクシー待ち駐車場に止めさせていただきました。乗用車ならかなりの時間待たなければ駐車できなかったことと思います。ちょっと「おはらい町」をのぞくとすごい人でした。さすが「お伊勢さん」新型インフルエンザが騒がれている中でもすごい集客力です。今年は橋の架け替え工事で木造橋の仕組みが見れます。
内宮参拝、「おはらい町・おかげ横丁」でゆっくりしていただいた後は外宮へ向かいました。こちらは内宮とは対照的に閑散としていました。そういえば、我社でも伊勢ツアーでは「内宮とおかげ横町」しか寄らないことが多く、外宮に来たのは久しぶりです。内宮は天照大御神を御祭神とし、皇室の御祖先の神で、日本人の総氏神とも言われているのは皆様もご存知の通りですが、外宮はご存知でしょうか? 豊受大御神を御祭神とし、衣食住をはじめすべての産業の守り神としてあがめられています。

二見ヶ浦

2日目は二見ヶ浦に向い賓日館へ行きました。萬転おなじみの賓日館、館内を案内していただきながらゆっくりと回り、往時に思いをめぐらせていただきます。
「お昼には特上の松阪牛を用意していますので腹ごなしをして下さい」と夫婦岩まで海沿いを歩いていただきます。いいお天気で、磯の香りを運ぶ潮風が気持ちよく、水平線もくっきりと綺麗に見えます。夫婦岩は大潮の為、陸続きになっていてすごく近くに感じられました。

松阪牛

昼食には皆様お待ちかねの松阪牛。お肉の専門店「まるよし」で最高の「牛トロあみ焼き」をご賞味いただき、皆様「やらかいわー」「箸で切れるお肉なんて初めて!」「おいしい!」と満足していただきました。