FrontPage>添乗員日記>1泊2日湯郷温泉

1泊2日湯郷温泉

1日目 京都→岡山→湯郷温泉(泊)
2日目 湯郷温泉→道の駅→牛窓→魚の棚→京都

今回はお墓参りを兼ねたご親戚の温泉旅行です。10年に1度の強い台風が上陸するという日に当たってしまいましたが、幸いにもお墓参りをされる際は雨は降らず、湯郷温泉到着後もそれほど強くは降りませんでした。京都の方が強風だったようで、台風を避けられた旅行となりました。

湯郷温泉

湯郷温泉のお宿「季譜の里」は近年改装され、全館畳敷き、明るくて気持ちの良いお宿です。ここ最近、湯郷温泉では一番人気ではないでしょうか?それほど大きくない館内には多くの従業員の方々がお出迎え、廊下ですれ違ってもさわやかな挨拶や、きめ細かい心遣いでした。
お客様をお部屋に案内した後、ちょっと温泉街を散策してみましたが、かつての賑わいを彷彿させる情緒があり、道が石畳に変わったりしているので、これから綺麗に開発されていくのかなと期待するところです。京都から程よい距離で行ける温泉街、岡山の奥座敷としての利用には良い距離です。
2日目は台風も関東へ去り、晴れ間が見えてきました。足元が濡れているだろうからということで、予定していた「旧閑谷学校」を変更して、遅めの出発で道の駅など寄りながら昼食場所の牛窓「ホテルリマーニ」へ。
ホテルリマーニ ホテルリマーニ
牛窓は『日本のエーゲ海』と言われますが、この日の「ホテルリマーニ」はまさにその様子で、台風後の良いお天気で暖かく、すがすがしい陽気です。晴れ渡った空の下、ヨットハーバーやプールサイドで写真をたくさん撮り、お客様に大満足していただくことができました。
帰りには明石の「魚の棚」でお買い物に寄りましたが、木曜日で定休日のお店が多かったのと、台風の影響の為、漁が2日ほどなかった為、閑散としていました。流石にここでは台風の影響を受けましたが、全体的には雨も風もそれほどなく、良い旅行になりました。