京都から団体旅行京都の企業様の為の社員旅行企画プランを掲載

社員旅行では○○体験などすると一体感がでます。
あまり遠くへ行かず、バスの旅でリーズナブルにというのが
多いので、ここでは近場の1泊2日を記しています。
日帰り旅行の場合は「町内会自治会旅行」のページをご覧ください。
費用等は人数、方面、季節、曜日などにより変わりますのでまずはお問合せ下さい。

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

目次

海外団体旅行地域毎プラン紹介、京都から日帰り旅行、京都から2泊3日旅行、地域毎プラン紹介などのページもございます。

知多半島への旅 愛知県ゆったりバスの旅 68 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 一色さかな広場(昼食)= ミツカンミュージアム = 国盛・酒の文化館 = 南知多温泉郷(宿泊)
2 宿出発 = えびせんべいの里 = 盛田味の館 =(昼食)= 京都市内帰着

比較的近場すが、京都からはあまり行かれないところではないでしょうか?
見学が多いですが、その分費用は押えられます。
あっさりしたコース設定となっていますので、
「JR東海リニア館」や「南極観測船ふじ」などを行程に入れたり、
ご昼食を社員皆さんでバーベキューされたりするのも良いですね。

  • 一色さかな広場
    一色さかな広場
    京都から休憩を入れ神名神を通ると約3時間で到着です。
    知多湾を抱える漁港のすぐ近くにある市場です。
    1階には海鮮物をはじめとするお店が軒を連ねています。
    2階がレストランになっており、新鮮な海の幸がたっぷりの昼食が味わえます。
  • ミツカンミュージアム
    ミツカンミュージアム
    一色さかな広場から約30分、知多半島に入ったところにあります。
    黒塀の蔵に運河のせせらぎ、趣のある感じです。
    酢の博物館は珍しいとのことで、お酢の作り方や歴史を少々学んで頂ければと思います。色々な体験もありますので楽しんで頂け、また他業種であっても何かお仕事のヒントになるものをもって帰ってもらえれば幸いです。
  • 国盛・酒の文化館
    ミツカンミュージアムのすぐ近くにあります。約400m、歩くかバスに乗るか迷うところです。
    こちらはお酒造りの歴史を学んで、利き酒を楽しめるところとなります。
    もちろんお帰りの際にはお酒も購入できます。
  • 南知多温泉郷
    色々とご見学頂いた後は知多半島をまっすぐ南へ下がり宿泊場所へ。
    少々早目の到着で、海辺の温泉でゆっくりおくつろぎ頂ければと思います。
  • えびせんべいの里
    えびせんべいの里
    大きな建物で中に入ると広いスペースにいろんな種類のおせんべいがワゴンにズラリ!
    その奥に工場がガラス越しに見ることができるのですが、たいがいみなさんワゴンの回りにある試食用のせんべいをバリバリしながらお買物をされ、工場には気づかれません。
    ホント、いろんな味があるので試食に回るのが楽しみです。

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

ひつまぶしと西浦温泉 愛知県バスの旅 69 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 熱田神宮(参拝)= 昼食ひつまぶし = 八丁味噌工場見学 = 西浦温泉(宿泊)
2 宿出発 = ミツカンミュージアム = 国盛・酒の文化館 =(昼食)= 常滑焼団地セラモール = 京都市内帰着

熱田神宮は伊勢神宮につぐ神宮なので是非一度はご参拝を。

  • ひつまぶし
    ひつまぶし
    おひつに入ったうなぎどんぶりのような「ひつまぶし」実は
    熱田蓬莱軒の登録商標なんです。元祖の味をご賞味ください。
    1杯目はそのままお召し上がりいただき、
    2杯目は薬味を添えて食べて頂くとまたちょっと味が変わり美味しい、
    3杯目はお茶漬けで!これが贅沢な感じでたまりません。
    思い出して書いているだけでお腹がグーといいます。
  • 八丁味噌の工場見学
    八丁味噌
    現在2件しかない八丁味噌のお店。どちらもすぐ近くにあります。
    大豆と塩だけで長期熟成された黒いお味噌はそのまま舐めてもお酒のあてになります。
    色々な料理や普通のお味噌汁に少し加えたりするだけでこくがでてさらにおいしくなります。
    工場ならでは、お得な「味噌すくい」もあります。
  • 西浦温泉
    西浦温泉
    知多半島から東へ、三河湾に小さく突き出た半島の先に密集する温泉街です。
    本当に海沿いビーチに近いホテルから高台の見晴らしの良いホテルまで色々とありあます。
    海を眺めながら温泉でゆっくり、御宴会はもちろん海の幸たっぷりでお楽しみ下さい。
    団体旅行では銀波荘、ホテル東海園、末広などを利用させて頂くことが多いです。
  • ミツカンミュージアム
  • 国盛・酒の文化館
  • 常滑焼団地セラモール
    常滑焼団地セラモール
    中部国際空港(セントレア)のすぐ近くにある常滑焼の産地、その中でも常滑焼のお店が集まっている場所がここです。色々な陶器があり、お店を回ってみるだけでも楽しいですし、比較的安く手に入ります。焼き物好きな方、そうでない方も色々物色してみて下さい。
    行程変更では「トヨタ産業技術記念館」や「ノリタケの森」も見ごたえあります。

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

ぐるり能登めぐり 石川県バスの旅 70 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 兼六園(見学・昼食)= 千里浜なぎさドライブウェイ = 輪島温泉(宿泊)
2 宿出発 = 輪島の朝一 = 千枚田 =(昼食)= 能登金剛・巌門 = 京都市内帰着

石川県金沢といえば外せない観光地が「兼六園」です。
もう何回も行ったとおっしゃられる方にはそのそばにある「21世紀美術館」はいかがでしょう?

  • 兼六園
    兼六園の灯篭
    言わずと知れた日本三名園の一つで、園内は大変広くガイドと共に説明を聞きながら歩いて回ります。
    約1時間又はガッツリ1時間半のどちらかのコースを回って頂くことが多いです。
    はずせないのは「根上がり(値上がり)松」と徽軫灯籠(ことじとうろう)。
    根上り松は地表部分から根が幹を持ち上げているように見える松で、その名から「株価が上がる」ご利益があるのでは?と言われたりもします。
    徽軫灯籠は兼六園のシンボルで2本の足を出した石灯篭で大変目らしい形です。
    少人数ならここで集合写真をパシャリ。
    冬場なら「雪吊り」された松も綺麗です。
    その他にもガイドさんが歴史を交えながらも面白おかしく話してくれます。
    実はこのガイドさん、後で行く昼食の従業員さんを頼んでいます。
    そうです、兼六園では近くの昼食場所を予約してガイドをしてもらうのが定番なんです。
  • 千里浜なぎさドライブウェイ
    千里浜なぎさドライブウェイ
    ドライブウェイとついていますが、砂浜を走ります。
    車で砂浜を走れる日本でここだけのドライブウェイで、観光バスも疾走します。
    金沢からですと、ちょうど金沢西インターと東インターの間を海側へバスを走らせ、
    「のと里山海道」に入り北上すること10分足らず、今浜インターで降りて海岸へ向かうとバスは砂浜に入ります。
    初めての方ならここで「???」となるはず。
    日本海の波が押し寄せる砂浜を約8キロメートル走ります。
    これが千里浜なぎさドライブウェイ!
    道なき道とはこのことか(夏場は車が多い為、コーンが立ち道らしくなっています)
  • 輪島温泉
    楽しみながら能登半島を上がっていくとおもてなしで有名な加賀屋がある和倉温泉を越えて輪島温泉へ到着します。
    団体旅行でよく利用させて頂くのは「ホテル高州園」。ホテル裏は海が見えます。
    温泉でゆっくり、日本海の海の幸をたっぷり、御宴会では懇親を深めて頂けることと思います。
  • 輪島の朝一
    輪島の朝一
    翌朝はやはりここでしょう。ホテルから約1km、バスで5分です。
    バス駐車場は漁港側にあり、歩いてすぐに昔ながらの出店が並ぶ道に出ます。
    海産物を中心に輪島塗なども色々揃います。
    同じような品物でもお店により値段が違いますのでいろいろと見て回ったり、値切り交渉もしてみましょう!
    皆さんでまとめ買いすると安くなったりします。
    皆さんバスの中で「何個で1,000円」という商品をみんなで分けていたりされてます。
    私がいつも買うのは貝のひも、お酒のあてに安くて美味しい。
    ゆっくり1時間くらいは時間を取りたいところです。
  • 千枚田
    千枚田
    バスに戻ってまたホテル方面へ、ホテル前を通過しさらに行くと15分ほどで新しくできた道の駅に到着します。ここから見える千枚田は海を眼下にしキレイです。
    千枚田を守る為、田んぼを分割貸出されており、田んぼのあぜ道を歩いて降りると有名人の札を見ることができます。
    私が見つけた有名どころでは小泉純一郎元総理。確か息子さんの名前も近くにあったような。
    他にも色々な方々がおられます。
    そうそう冬の間なら、夜のライトアップもやってますので宴会前後にちょっと見に行けるのも魅力です。

お帰りには能登半島の海岸線に奇岩や断崖が続く国定公園の「能登金剛・巌門」
にも立ち寄り。
能登を満喫です。

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

禅の里永平寺と加賀温泉郷 石川県バスの旅 71 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = タケフナイフビレッジ =(昼食)永平寺 = 羽二重餅工場見学 = 加賀温泉郷(宿泊)
2 宿出発 = お菓子の城加賀藩 = 花はす公園 =(昼食)= 日本海さかな街(お買物)= 京都市内帰着

加賀温泉郷(山代温泉、山中温泉、片山津温泉など)へ無理なくサクッと行く行程です。
越前には上記の他、工場見学としては「メガネの里」「和紙の里」「越前そばの里」などがあります。
「伝統工芸ゆのくにの森」では陶芸、輪島塗、金箔はり、ガラス工芸、蒔絵、紙漉きやそば打ちなど様々な体験ができ、社員旅行様向きです。
6月なら「北方湖畔菖蒲園」、7月なら「花はす公園」、秋なら「武生菊人形」がオススメ。

  • タケフナイフビレッジ
    タケフナイフビレッジ
    京都から名神、北陸自動車道を上がること約2時間半で武生に到着。
    武生インターから15分ほどでここタケフナイフビレッジに到着です。
    ここでは多くの職人さんが集まって作業されています。
    その様子を上から見ることができ、その後に包丁やハサミのお買物も。
    また少人数様なら体験でペーパーナイフなども作成することができます。
    職人さんがまじかでトンカチされているのを見ると「なんかすごい頑丈で良く切れそう!」と思い思わず買ってしまいます。
    あまり大きくない施設なので大型バス1台の対応でいっぱいになります。
  • 永平寺
    永平寺
    福井県で有名な観光地といえばまず上がってくるのが東尋坊とこの永平寺でしょう。
    曹洞宗の大本山で厳しい修行で有名です。
    門前にはお土産物屋さんレストランがありますが、お寺の回りには大きな杉が林立していて荘厳な雰囲気に包まれています。
    少し昼食が遅くなりますが、ここは昼食前に参拝しておいて、終わってから門前の食事処でゆっくりお飲物と共にくつろいでいただいた方が無難です。
    大きいお寺で厳粛な雰囲気の中、通常観光では法話を交えながら七堂伽藍などを案内してもらえます。
  • 羽二重餅工場見学
    羽二重餅工場
    永平寺からバス15分で到着します。
    写真では古いお屋敷のようですが、この横に工場があり繋がっています。
    入口を入るとお土産の色々な種類の羽二重餅があり、試食もできます。
    ふんわりやわらかいお餅はいくらでも食べれそう。(あくまで試食です)
    奥に行くと工場の様子が見れます。
    囲炉裏の休憩所ではお茶もいただけます。
  • 加賀温泉郷
    皆さんも良くご存じの北陸を代表する温泉地で昔から京都から行くには行き易く多くのお客様が利用されていたところです。
    山代温泉、山中温泉、粟津温泉、片山津温泉が主な温泉地になります。
    山代温泉:最近は総湯、古総湯を中心に歩いて楽しめる散策できる街に取り組んでいて早く到着すれば宿の中だけでなく出歩いても楽しめます。
    山中温泉:温泉街というよりは川沿いに温泉宿が点在しています。宿により露天風呂から川の渓谷美を楽しむことができます。温泉地の観光としては「菊の湯」という総湯があり、足湯もできますし、川にかかる「あやとりばし」や「こおろぎ橋」の散策、夏場ならちょっとした川床で涼むことができます。「ゆげ街道」としてお土産物屋さん街を作ろうと整備されているのも最近の特徴です。
  • お菓子の城加賀藩
    ここは加賀温泉郷のどの宿からでも20~30分以内で行けるお土産物屋さんです。
    といっても工場見学もでき、大変広い敷地内には伝統工芸館として工芸品もあったり、
    お菓子作りを体験できるコーナーもあったり、ゆっくりお抹茶とともに作りたてのお菓子を頂いたりもできます。
    帰りの日に立ち寄るのが定番で、30,40分ゆっくり時間を取って見て回って頂くことが多いです。
  • 花はす公園
    福井県南城市では毎年6月終わりごろから7月いっぱいかけて花はす公園で「はすまつり」が開催されます。
    どこからどこまでが公園?というくらいこの季節になれば周りの畑もハスの花がいっぱい咲いています。
    メイン会場?では飲食ブースや、ハスの茎をストロー代わりにしたジュース飲みなどが楽しめます。
    開催期間中の土日は色々な催し物もあり賑わっています。
    沢山の色々な種類のハスの花、キレイです!
  • 日本海さかな街
    最近は北陸や越前方面の帰りに必ずと言っていいほど立寄るお土産物屋さん街です。
    大きな駐車場にたくさんのバス、乗用車が止まっていますので乗り間違わないように気を付けてもらっています。
    中に入ると市場のように海産物、乾物、お土産物屋さんがずらっと100件近くあるのではないでしょうか並んでいます。
    試食もできるお店も多く、値段も色々と交渉してみて下さい。鮮魚などは夕方になると安くなるお店も意外とあります。
    ひもの屋さんでは店前で焼いた干物を1匹まるごと試食なんてことも!ついつい美味しさにつられて奥に入って買ってしまいます。
    40分~1時間とることがおおいです。

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

おもてなしの宿加賀屋のある和倉温泉と金沢 石川県 72 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = (昼食) = 能登ガラス美術館 = 和倉温泉(宿泊)
2 宿出発 = 輪島朝市 = 金沢(昼食)= 兼六園 = 近江町市場(お買物)= 京都市内帰着

和倉温泉といえば「加賀屋」。
おもてなしを直接学ぶも良し、社員旅行さん用におもてなし研修など設えすることができます。
2日目は王道のコース設定をしています。

今回はこの加賀屋さんで「おもてなし講習」を受けるべく、昼食は道中の福井でそば、又は石川県に入ってから簡単に済ませて頂くことを考えています。
和倉温泉までは名神、北陸自動車道を経て能登半島に入りのと里山海道で七尾市に入るのに約4時間半から休憩しながら5時間ほどかかります。

  • 能登ガラス美術館
    能登ガラス美術館
    せっかくここまで来たのでここにしかないものを見て頂きたくて少し立寄りを入れてみました。
    和倉温泉を通過し、すぐ橋を渡り能登島へ和倉温泉とはホントに目と鼻の先といった感じです。
    この美術館、着いたとたんに建物自体が変わっていてアートです。
    ガラス作品はもちろんですが、建築も楽しんで頂ければと思います。
    晴れた日なら野外庭園も眼下に海を眺めながら散策できます。
  • 和倉温泉
    和倉温泉加賀屋
    和倉温泉には加賀屋以外にも良いお宿はたくさんあります。
    加賀屋にはもう泊まったことがあるので違うところをお考えの方には
    姉妹館の「あえの風」、又は「ゆけむりの宿美湾荘」、「日本の宿のと楽」、「多田屋」などがおすすめです。
    今回はおもてなし研修を受けていただきたく、加賀屋で。
    早めに宿に到着し、早速会議室に移動し加賀屋の社員さんより加賀屋のおもてなしがどうしてできたのか、なぜ何年も連続でおもてなしの宿日本一に輝いているのか具体的にどういったころをされているのかなどをお伺いします。
    その後はできれば加賀屋で一番の雪月花の棟にお泊り頂ければより一層皆さんがおもてなしを受けることで体験することができるかと思います。
    また、御宴会後はシアタークラブにて加賀屋専属の雪月花歌劇団のショーもあります(有料)。宝塚に来たような華やかさでお楽しみいただけます。

翌朝は能登半島をさらに北上すること約1時間で輪島の朝市に到着です。
お土産お買物の後は金沢まで戻りご昼食の後、兼六園を見学、近江町市場で買い残しの無いようお買物を経て一路京都へ。
早目にお帰りをお考えの際は輪島朝市の代わりに宿からすぐの七尾フィッシャーマンズワーフにてお買物をして頂くか、最後の近江町市場を外すなどで時間短縮ができます。

【ページトップへ】

岡山、倉敷の旅 岡山県バス旅行 73 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = さっぽろワイン岡山ワイナリー(見学・昼食)= 後楽園 = 鷲羽温泉(宿泊)
2 宿出発 = 倉敷美観地区・大原美術館 =(昼食)= 京都市内帰着

岡山市内には温泉宿は無いので、海が見える鷲羽温泉を設定しています。
若い方が多いなら「ベティスミス ジーンズミュージアム」などもオススメです。備前焼の陶芸体験なども皆さんでワイワイと楽しんでもらえます。
工場直売があったり、
少々お高いですが、オリジナルのジーンズをオーダーしたりもできます。
「後楽園」はご存じ日本三名園の一つ。一度はご覧あれ!
「倉敷美観地区」は自由散策で一時間から一時間半かけてゆっくりしたいですね。

  • サッポロワイン岡山ワイナリー
    京都からここ岡山ワイナリーまでは観光バスで休憩を入れながら3時間少々です。
    広大な敷地ですがメインの棟はヨーロッパの田舎の古城を感じさせます。
    基本的には自由見学で工場やワイン樽を寝かせている貯蔵庫、畑などを見学させて頂き、お土産お買物(無料試飲有)で約40分程度かかります。
    有料の試飲コーナーでテイスティングも楽しめます。
  • 後楽園
    後楽園
    兼六園、偕楽園と共に日本三名園の一つです。兼六園や偕楽園に比べればコンパクトで回りやすいです。出入口も1か所の為迷うことなく皆様お集まり頂けます。
    四季折々花を楽しむことが来出ますが。川向うの岡山城を背景に集合写真を撮ることが多いです。
    さらっと回るなら30分で十分かと思います。
  • 鷲羽温泉
    後楽園から約1時間、瀬戸大橋の付け根にあるのが鷲羽温泉です。
    早目にチェックインで瀬戸内海を眺めながら温泉に入りゆっくり御宴会はいかがでしょうか?
    鷲羽ハイランドホテル、又は備前屋甲子にお泊り頂くことが多いです。
  • 倉敷美観地区
    倉敷美観地区
    岡山といえば倉敷、倉敷といえば美観地区です。
    観光バス駐車場に車を停め、道を渡ると美観地区。皆様に地図を持って頂いて1時間から1時間半ほど自由に散策頂くのが良いかと思います。
    お土産物屋さんが多い美観地区ですが、最近はジーンズストリートというジーンズショップが集まった場所もできております。
    時間が御座いましたらアイビースクエアの一角にある倉紡記念館がオススメです。
    クラボウの企業の歴史のみならず、日本の紡績の歴史、倉敷の発展を知ることができます。

【ページトップへ】

小豆島 75 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = フェリー(乗船・昼食)= 寒霞渓 = 美しの原高原 = 千枚田 =(宿泊)
 宿出発 = 小豆島ふるさと村・手延べそうめん館 = 小豆島オリーブ公園 = 二十四の瞳映画村(昼食)= マルキン醤油記念館 = フェリー = 京都市内帰着

意外に楽しい小豆島。
フェリーで船旅を楽しむことで、すごい旅行に言った気分になれます。
自然豊かで地元食材の工場見学なども充実しています。

【ページトップへ】

観光バスで行く下呂・高山 76 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 美濃・うだつの上がる町並み散策(昼食)= 下呂温泉合掌村 = 下呂温泉(宿泊)
 宿出発 = せせらぎ街道 = 高山(朝市・昼食・散策)= 京都市内帰着

岐阜の王道、下呂温泉と高山。
道中には「うだつが上がる」で有名な美濃の町並み散策を。
情緒豊かな街並みで、和紙でも有名で、旧商家さんのお屋敷を拝見することもできます。
下呂温泉は日本三名泉の一つ、その滑らかなお湯も楽しんで下さい。
紅葉シーズンなら是非、「せせらぎ街道」へ。
山の中の街道沿いの景色がとてもキレイです。

  • 美濃・うだつの上がる町並み
    うだつの上がる町並み) #show(auto-lcfWRq.jpg,aroundr,うだつ
    京都から1度休憩を入れて約2時間半、東海北陸自動車道を北上美濃ICで降りて2キロほどで田舎町の広い駐車場へバスは停めます。
    看板こそ出ていますが、この時点では何がうだつの上がる町並みなのか?というところです。
    ここから歩いて1筋は入るとうだつが上っています!町内全体が古い町並みの様相を呈していて写真写りも良い感じです。
    うだつとは長屋のように隣接した棟の境目の壁を屋根の上まで上げて類焼を抑えようとしたもののことで、これをより高く上げることがより甲斐性があるとされていたようです。
    この辺り町内の2筋がいまだ写真のように残っています。
  • 下呂温泉合掌村
    下呂温泉合掌村
    こちらは下呂温泉街の奥にあり、かやぶきの屋根の古民家が移築されており、昔懐かしい村の雰囲気があります。
    それぞれの家は影絵の館だったり、民俗資料館だったり、紙すき体験工房だったりします。
    小グループに分かれ、陶芸体験や紙すき体験なども楽しめます。
    何か体験しないともったいない感じです。
  • せせらぎ街道
    下呂から飛騨高山まで国道41号線を1時間程度北上しますが、この間に山間の小川が道の横を通る街道をせせらぎ街道と呼び、新緑の季節も綺麗ですが、特に紅葉シーズンは大変キレイで見ごたえあります。
    バスの中だからといって寝ていてはもったいないですよ。
  • 高山
    高山古い町並み
    高山陣屋、古い町並みを通り抜け少し行ったところにバス駐車場はあります。
    皆さんに地図を配ってここは自由散策!1時間から1時間半の時間を取ることが多いです。
    古い町並みを通り抜け西側の川沿いへ行くと宮川朝市へそのまま川沿いに南へ下がると陣屋前朝市にも行けます。毎日正午まで開催されています。
    降るお町並みの話を戻しますが、この辺りは酒蔵、酒屋さんも多く、試飲(有料)もできるところが多いです。これも楽しみの一つですね。

【ページトップへ】

バスで行く浜松かんざんじ温泉 77 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 浜松(昼食)= 竜ヶ岩洞(洞窟)= ガーデンパーク = 浜名湖(船にて遊覧)= かんざんじ温泉(宿泊)
 宿出発 = 航空自衛隊・エアパーク(見学)= うなぎパイ(工場見学)= 昼食・お買いもの = 京都市内帰着

このコースでは陸、海、空と体感して頂きます。
まずは東海最大級の洞窟「竜ヶ岩洞」で地底を体感。
ガーデンパークでお花を愛でてしばしくつろいだ後は、
浜名湖にて遊覧船又はジェットボートで湖面を疾走!
温泉でおくつろぎ頂き、翌日は
航空自衛隊の基地の一角にある「エアパーク」で自衛隊機などを見学、
朝一番に到着の予定を組むことで、運が良ければシュミレーションなどもできるかも?
最後は定番の「ウナギパイ」の工場見学でお買物。
それでは1つずつ見ていきましょう。

  • 浜松
    浜松といえば浜名湖、浜名湖といえばやはり外せないのが“うなぎ”です。
    三方五湖でもそうですが、海水と淡水が入り混じる湖があるところはうなぎが有名です。
    夕食にも出てきそうですが、できればお昼も食べてみたいですね。
    京都から3時間ちょっとで浜名湖サービスエリアに着きますが、ここは浜名湖の見晴らしも良く、またうなぎも美味しい!団体食も受付できます。
    高速に乗りっぱなしで行きなり昼食ですが、よろしければ是非!
  • 竜ヶ岩洞
    ryuugasidou.jpg
    浜松西ICから北へ約30分、東海最大級の洞窟です。
    洞窟内は手すりなど整備されていますが、足元が滑りやすいので気を付けた方が良いです。
    でこぼこしたところもありますので、女性の方はヒールは厳しいかも。
    ライトアップされ照らし出された鍾乳洞は見ごたえバツグン!
    瀧になっているところもあり、幻想的です。
    くるっと回って、最後にお土産も見て30分~40分の所要です。
  • ガーデンパーク
    浜名湖湖畔にある公園で大きく西側エリア、街のエリア、里のエリアと3につのエリアに分かれています。
    四季折々に花が楽しめるよう工夫されています。
  • 浜名湖遊覧
    fantomu.jpg
    浜名湖には数種類の船の旅が楽しめます。
    その中でもおすすめなのが、ここでしかないスピードボートです。
    湖の上を滑るように駆け抜けるボートは地上でのスピードの何倍ものスピード感があります。料金にもよりますが1回7~10分程度で回れば十分に楽しめます。
    少々涼しい時期でも、温泉街まで5分の立地で、その後すぐにお宿にチェックインし温泉に入れば温まります。
  • かんざんじ温泉
    ホテル九重が有名ですが、弊社でお客様とよく泊まるのは山水館欣龍です。比較的リーズナブルですが、お料理、ホスピタビリティ、温泉共に良いと思います。
    湖を眺めながらの温泉、いいですね。
    舘山寺がすぐ近くなので、お客様には「翌朝早く起きられた方は参拝されてみては?」と案内しますが私はいまだに行ったことがないです。
  • 航空自衛隊・エアパーク
    エアパーク
    かんざんじ温泉の翌日によく利用させて頂くのがここになります。
    通常シュミレーションなど特に土・日は混み合うのですが、9時から入館なので
    8時半過ぎにお宿を出れば一番乗りできます。
    戦闘機なども展示されていますので、男性のお客様ならたいがいの方はじっくり見てみたいところです。
  • うなぎパイ
    うなぎパイファクトリー
    浜松方面に観光といえば最後のお買物に外せないのがここウナギパイの工場見学です。
    新しい工場での見学設備は完成されたものがあり、ガラス越しに歩きながら工場を見学していきます。ほそーいひものようなものが焼かれていくといつも見るウナギパイに変身。
    見学の後はお買物。VSOPが入った“真夜中のお菓子”。なんともネーミングがいいですよね。

【ページトップへ】

玉造温泉と出雲大社バス旅行 78 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 蒜山高原(昼食)= 足立美術館 = 玉造温泉(宿泊)
 宿出発 = 出雲大社(参拝)= 境港(昼食・お買いもの)= 京都市内帰着

島根県までというと遠い感じがしますが、実際に行ってみれば蒜山高原までは
三時間半程度です。
蒜山高原ではジンギスカンが有名で、思ったほど癖がなく、おいしいです。
「足立美術館」はアメリカの日本庭園専門誌で12年間連続で日本一となっています。

  • 蒜山高原
    京都から3時間ちょっとバスを走らせればちょうどお昼時に米子自動車蒜山ICに到着します。ICから数キロで高原の昼食場所が数件あります。
    いずれも何故かこの辺りはジンギスカンメニューがメインになりますが美味しいです。
    昼食後は高原散策やお買物など少し楽しんで頂き次の目的地へ。
  • 足立美術館
    横山大観の絵を中心とした絵画を集めた美術館ですが、有名なのはやはり日本庭園ですね。
    芸術にご興味のある方なら何時間でもとおっしゃられるところですが、社員旅行となると好き嫌いがありますので2時間が限界ではないでしょうか。
    数年前からバス駐車場のスペースにお土産やちょっとした喫茶スペースもできましたので、早く帰って来られた方でも時間調整ができるようになりました。
  • 玉造温泉
    足立美術館から山陰道をさらに西へ向かい松江を越えて宍道湖の南側あたり、川沿いに大きいお宿が点在しているのが玉造温泉です。こちらは旅館でゆっくりしていただくお宿となります。
  • 出雲大社
    玉造温泉から西へバスで約1時間行くと到着します。
    大きな駐車場からお土産物屋さんを見ながら通常は神楽殿へ向かい、そこから大きなしめ縄がある拝殿へ向かいます。ここで集合写真をパシャリ!後はご自由に参拝頂きバスに戻ってきて頂きます。大きな神社ですのでお買物お手洗い合せて約1時間考えています。
  • 境港
    行程に余裕があれば是非よりたいのが境港。海鮮物をお買物できます。冬場ならカニが多く出回ります。
    米子に戻ってきてお菓子の寿城に立ち寄らせて頂くことも多いです。

【ページトップへ】

皆生温泉と境港バス旅行 80 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 蒜山高原(昼食)= 松江市内散策 = 皆生温泉(宿泊)
 宿出発 = 境港(昼食・お買いもの)= 京都市内帰着

玉造温泉と出雲大社 と似ていますが、
出雲大社までは行かなくても…、という方にオススメなのが皆生温泉
温泉街は海岸線にあり、海が見える宿も多くあります。
やはり京都からだと海が見えると旅行に来たーって感じがしますよね。
境港はカニのシーズンが有名ですが、他のシーズンでも魚介類の品ぞろえは豊富です。
また、げげげの鬼太郎で有名な「水木しげるロード」などもあり楽しめます。

【ページトップへ】

伊勢・鳥羽温泉 81 社員旅行で定番の1泊2日

1 京都市内出発 = 伊勢神宮外宮・せんぐう館 = 伊勢神宮内宮参拝・おかげ横丁(昼食)= 二見ヶ浦 = 鳥羽温泉(宿泊)
 宿出発 = 松阪城跡 見学 = 松阪(昼食)= 京都市内帰着

身近な温泉といえば鳥羽!
今や神名神高速道路を利用すると立寄りなしなら2時間少々で着いてしまうほどです。
折角なので、伊勢神宮参拝や二見ヶ浦にも立ち寄りたいところです。
二見ヶ浦ではドライブイン側の「シーパラダイス」も小さな水族館ですが、
色々なアトラクションが楽しめます。
また、旅館街には「賓日館」という施設が、拝観できます。ここはその昔、
賓客の為に建てられた建物で、その後、一時は修学旅行でも利用されていたとか。
50~60歳代の方で「ここに泊まった!懐かしい!」という方もおられます。
往時をしのんでいかがでしょうか?
城跡見学などが苦手な方は「エスカルゴ牧場」なんて変わり種もご用意致します。
伊勢神宮外宮・せんぐう館
京都から行くとまず近いのが外宮になります。
結構な方が内宮やおかげ横丁は何度も行ったが外宮は行ったことがないですよね。
こちらは内宮よりコンパクトなので回りやすいです。
前回の式年遷宮から「せんぐう館」もでき、こちらも見どころとなっております。
まずは外宮神楽殿を経て正宮へ参拝、別宮も参拝し、せんぐう館入館で式年遷宮の精巧な装飾品の数々が見れたり、外宮正宮の原寸大模型などを展示されていますので中の様子が良く分かります。
せんぐう館に入らなければ30分、入館して60分の滞在時間です。

  • 伊勢神宮内宮参拝・おかげ横丁
    皆さん1度は行ったことがあるのではないでしょうか?
    観光バスで行くと駐車場から五十鈴川にかかる橋の前で集合写真をまずパシャリ!
    橋を渡り右手へどんどん奥に行くと大きな杉が立ち並びなんとも厳粛な雰囲気に包まれます。
    五十鈴川の水でお清めをして正宮にて参拝、戻ってくるのに40分程度はかかります。
    お足の不自由な方がおられる場合はもう少し時間を取った方が良いです。
    やはり大きいですね。
    五十鈴川を渡り戻ってきたらバスとは逆の右手に行くとレストランやお土産物屋さんが続く「はらい町」入って行きます。
    このおはらい町の中ほどに赤福の本店があり、その向かいから伸びる町並みが「おかげ横丁」になります。
    内宮参拝とお土産お買物で1時間半程度取ると無理がないかと思います。
  • 二見ヶ浦
    夫婦岩
    京都から遠足で伊勢とセットになっていたのがここ二見ヶ浦です。
    夫婦岩で有名で、年配の方々は修学旅行でこの辺りの旅館に泊まられていたとのこともよく聞きます。
    伊勢夫婦岩ショッピングプラザの駐車場に入れ、ショッピングプラザを通り抜けると海辺に出ます。1本道を左手に行くと夫婦岩に出会えます。
    夫婦岩を越えてすぐが二見興玉神社になります。通常はここでUターンして戻ります。
    これをまだまっすぐ行くと昔の旅館街に入ります。
    その中の1軒は「賓日館」としていまは見学施設となっています。
    あまり行かれることがないですが、私はオススメで往時は本当に賓客をお泊めする為の施設だったこともあり、立派な建築となっています。
  • 鳥羽温泉
    二見から15分も走れば鳥羽へ到着となります。
    鳥羽は温泉宿は多いですが、温泉街として外へ出て…というのはなく、近鉄鳥羽駅付近に数件と少し南に下がった安楽島に数件と点在しています。
    鳥羽からさらに少し南へ行くと石鏡、もっと下がって賢島や浜島など温泉街が続きます。
  • 松阪城跡
    松阪城跡) #show(auto-ZSVWXu.jpg,aroundr,松阪城跡
    鳥羽から松阪までは観光バスで約1時間です。
    城跡は石垣などが残るのみとなっていますが、資料館や記念館があり、現地ボランティアガイドさんと城跡と城下町を回り詳しい説明を受けるのも興味深いです。
    御城番屋敷なども見どころです。
  • 松阪
    松阪といえば松阪牛!一番有名なのは「和田金」ですが、社員旅行で行くには高すぎるようにも思われます。
    色々な焼き肉屋さんもありますので、お値段に合わせ昼食を選ばせていただきます。
    値段に関わらず美味しいです!

【ページトップへ】

三重・浜島温泉 82 社員旅行でおすすめの1泊2日

1 京都市内出発 = 伊勢神宮外宮・せんぐう館 = 伊勢神宮内宮参拝・おかげ横丁(昼食)= 浜島温泉(宿泊)
 宿出発 = みやげセンター(お買いもの)= 二見ヶ浦 = 二見(昼食)&シーパラダイス(入園)= 京都市内帰着

鳥羽は行きなれた方ならちょっと足を延ばして浜島や賢島などはいかがでしょうか?
行程はほぼ同じとなります。
まっすぐ「パルケエスパーニャ」を目指し、半日楽しむのもありですね。

【ページトップへ】

和歌山・白浜温泉&アドベンチャーワールド 83 社員旅行で定番の1泊2日

1 京都市内出発 = 道成寺(昼食)= 千畳敷・三段壁(見学) = 白浜温泉(宿泊)
 宿出発 = アドベンチャーワールド = 黒潮市場(昼食・買い物)= 京都市内帰着

「道成寺」は能楽や歌舞伎の題材となっている安珍と清姫の物語が有名で、
お寺の方が絵巻物を使い面白く、受けが良い立寄り場所になっています。
千畳敷や三段壁は白浜に行ったらお決まりの景勝地となります。
是非一度はご覧ください。
最後は和歌山市内のポルトヨーロッパの隣にある「黒潮市場」でお買物。
これも和歌山の帰りなら定番になりましたね。
社員皆さんでパーッとはじけませんか?

【ページトップへ】

平日10:00~17:30 土曜日隔週10:00~17:00

お問い合わせフォーム

社員旅行専用サイト京都発着社員旅行.comも御覧ください。
こちらにも多くのモデルコースを掲載しております。
FrontPage