京都から団体旅行>旅程お役立ち情報旅程お役立ち情報

旅行に持っていくリスト(男性用)



以上、必要に応じて参考にしてください

旅行に持っていくリスト(女性用)

現金国内旅行の場合は、お金さえ持っていけばOKとも言えます。
キャッシュカード現金の不足時に備えて用意しておきましょう。
証明書 免許書旅行先でレンタカーを借りる時など、身分証明書として持ち歩くようにしましょう。
健康保険証旅行先での怪我、病気等、万が一に備えておくとよいでしょう。
宿泊券・ 航空券・乗車券必要に応じて事前に用意をしましょう。
マイレージカード渡航距離によっては、一度でかなりマイルをためることが出来ますので、作成しておいたほうが良いですよ。
ETCカード車での移動で高速道路を利用する場合は用意しましょう。
携帯電話カメラ・電卓・目覚まし時計としての使用も可能なので、あると便利です。
カメラ旅行を楽しむためにも、カメラは用意しましょう。
携帯電話の充電器旅行日数によっては持っていくようにしましょう。
カメラ用電池・充電器旅行日数や使用頻度によっては、予備の電池が必要となります。
デジタルカメラのメモリたくさん写真を撮られる方は、予備のメモリを持って行くようにしましょう。
日用品・洗面用具 メイク落としメイクをする方はあると便利でしょう。
メイク道具メイクをする方はあると便利でしょう。
生理用品必要に応じて事前に用意をしましょう。
コンタクトレンズ・眼鏡必要な方は忘れずに用意しましょう。コンタクトレンズの場合は保存液・洗浄液を忘れずに。
洗顔フォーム備え付けのホテルは少ないので、愛用品を持っていったほうがいいでしょう
化粧水移動の際などにあると便利です。
オーディオプレーヤー備え付けのホテルは少ないので、自分の愛用のものを持っていきましょう。
使いやすいものがあると便利でしょう。
ヘアゴムコンビニ等で入手できますが、観光地ではコンビニが見つけにくい場合があります。用意しておくと便利でしょう。
カミソリ宿泊先の使い捨てカミソリ(T字カミソリ)では、肌を傷つけてしまうという人は、普段使用している愛用品を用意しましょう。
整髪料必要な方は用意するとよいでしょう。
衣類下着 パンツ、Tシャツなど。旅行日数に合わせて用意しましょう。
靴下旅行日数に合わせて用意しましょう。
洋服(着替え)上着やコートなど。旅行日数に合わせて用意しましょう。上着などは少なめがオススメです。
その他観光用のバッグ等 リュックサック、ショルダーバッグ、ウエストポーチなど、自分の好みに合わせて観光時に持ち歩きに便利なバッグがあるとよいでしょう。
地図・ガイドブック慣れていない土地に旅行するのであれば、持参するようにしましょう。
交通・宿泊 旅行日程表必要に応じて事前に用意をしましょう。
証明書 学生証学割が利く場所もあります。
衣類パジャマ パジャマが用意されていないホテルもあるので、必要であればもっていきましょう。
日用品・洗面用具 ハンカチ・ハンドタオル1枚あると便利です。身だしなみのためにも用意しましょう。
ポケットティッシュあれば何かと便利です。
歯ブラシ・歯磨き粉ほとんどのホテルで備え付けてあります。
くし・ブラシほとんどのホテルで備え付けてあります。
石鹸ほとんどのホテルで備え付けてあります。
コテヘアアレンジしたい場合は持っていきましょう。
シャンプー・リンスほとんどのホテルで備え付けてあります。
タオルほとんどのホテルで備え付けてあります。
アクセサリー類必要があれば持っていきましょう。
医薬品・サプリメント風邪薬・サプリメント・下痢止め・胃腸薬・頭痛薬・消毒液・バンドエイドなど、心配であれば用意しましょう。
制汗剤必要な方は用意するとよいでしょう。
電化製品 腕時計旅行の時は普段より時間を気にするので、あるとよいでしょう。高価なものは避けましょう。
ノートパソコンあれば何かと便利です。
ウェットティッシュ利用する場合には用意しましょう。事前にホテルで利用できる確認しましょう。
季節別 手袋・マフラー防寒対策として手袋やマフラーを用意しておくと便利でしょう。
ホッカイロ現地で調達できない場合もあります。防寒対策として持っていくと便利でしょう。
インナーホテルなどは寒い場合があります。寝る時などの防寒対策に便利でしょう。
花粉対策春や秋など花粉の多い時期に旅行に行く場合は必須です。
水着夏に海やプールに行く場合は持っていきましょう。
日焼け止め現地調達は可能ですが、観光地は値段が高いことが考えられます。あらかじめ持っていきましょう。
虫よけスプレー春や夏など暖かい季節に自然の中で過ごす旅行では虫が多いことが考えられるので、用意しておくと便利です
サングラス紫外線の強い夏は目も日焼けしてしまう可能性があるので持っていくと便利でしょう。
帽子夏はツバ付き帽を日差しよけとして、冬はニット帽を防寒として持っていくと便利でしょう。
その他アイマスク 移動時に仮眠をとる際に用意しておくと便利です。
耳栓移動時に仮眠をとる際に用意しておくと便利です。
筆記用具ボールペンやメモ帳などはあると便利です。
ワイヤーロック防犯用にあると安心です。
移動時の時間潰しに本があるとよいですが、重いので捨ててもよいものなどがよいでしょう。



以上、必要に応じて参考にしてください

海外旅行のお金について

海外旅行でのお金について旅先ではどうお金を持ち歩けばいいのか。また、両替の基礎知識も知っておきましょう。

旅先で使うお金をどうするか

旅先での現金

メリット

 ☆アジアの主要都市などでは、日本円がそのまま使えることもあります。

デメリット

 ★盗難に遭ったり、紛失したりした場合、まず戻ってこない。安全性は低い。

トラベラーズチェック(T/C)について

メリット

☆2つのサインが合致して初めて現金と同様の価値を持ちますので、所持している本人しか使えないので安全性が高いです。


☆紛失したときも現地で再発行が可能です。購入時には、発行手数料がかかりますが、一般的に為替レートは現金に比べ有利な国が多い。(※料率については購入時の金融機関にてご確認下さい。)

デメリット

★T/Cを現金化する際、1回あたり、あるいは1枚あたりという形で手数料を徴収する国・地域もあります。アメリカのように現金同様にT/Cを使える国なら大丈夫ですが、金融機関等で現金化してから使うとなると、一時的にまとまって現金を持ち歩くことになるので、安全性が高いとはいえなくなります。


★再発行の手続きを想定して、購入時の発行控えを携帯するか、使用、未使用のT/Cの番号を常に把握しておく必要があり、かなり面倒です。

クレジットカード

メリット

☆多額の現金を持ち歩かずに済むため安全性が高い。


☆両替し過ぎて外貨が余ってしまうことがない。


☆数か国を周遊する旅の場合も、滞在国ごとに現地通貨を用意しなくてよい。


☆為替レート・手数料とも現金の両替よりオトクになることが多い。


☆現金が必要になったときには、提携ATMでキャッシングサービスを利用できる。


☆カードによっては海外旅行傷害保険が付帯している。会員を対象にした多彩なサービスがあり、世界主要都市に窓口を開設している会社も多い。海外で日本語によるサービスが受けられるメリットは大きい。


☆「現金を使い果たしてしまったらどうしよう……」という不安から解放される。


☆トラベラーズチェックと異なり、パスポートを紛失しても使える。 

デメリット

★加入時には審査があるので、誰もが会員になれるわけではない。


★国や地域により、利用できるところが限定されます。また、使用する際の最低金額が決まっているところもあります。


★バーゲン時には、数%の手数料を上乗せされることもあります。


★盗難に遭い、悪用されると被害が大きい(ただし、盗難後、すぐにカード会社に届ければ、盗難時以降の利用分は請求されないことが多いので気づいたら早急に連絡が必要です)。


★悪質な店で使用すると伝票の数字を書き換えられたり、データを読み込まれたりする可能性もある(ただし、利用明細をきちんと確認し、不審な請求に対しては異議申し立てを行えば、その分の請求は免除されることが多い)。

国際キャッシュカード

メリット

☆多額の現金を持ち歩く必要がないので安全性が高い。


☆海外のATMは24時間365日使えるところが多く、曜日や時間を気にせずにいつでも現金が入手可能。


☆T/Cや現金と異なり、必要な分だけ引き出せるので、換金し過ぎてしまうことが少ない。


☆数か国を周遊する旅でも、何種類もの外貨を用意する必要がない。


☆クレジットカードのキャッシングとは違い、金利がかからない。


☆クレジットカードと違って入会の際審査がない。

デメリット

★ほとんどのカードが利用ごとに手数料(引き出す金額により上下する)がかかる。


★一部のカードは、預金の残高により、口座の維持費が必要となる場合がある。


★クレジットカードに比べ、為替のレートが悪い場合が多い。


★欧米やアジアの大都市ならいいが、小都市や途上国の場合、利用可能なATMが少ない

プリペイドトラベルマネー

メリット

☆入会審査が無く、口座を作る必要も無いので、簡単・スピーディーに誰でも申し込むことができる。旅行直前でも、空港などの店頭で即時発行できる会社もあります。


☆多額の現金を持ち歩く必要がない。


☆残高がなくなっても再入金ができます。


☆外貨建てのカードを提供している会社もあり、その場合は事前にレートの固定が可能で、現金両替よりもお得なレートで外貨両替ができる。


☆緊急時のサービスなどの付帯サービスが受けられる。


☆レジットカードのネットワーク(VISA / MasterCard / 銀聯)を使っているので、世界各国で利用できる

デメリット

★ATM利用ごとに引き出し手数料がかかる。


★プリペイドなので、利用したい金額をカードにチャージしなければならない

両替の基本知識

海外旅行保険

海外旅行保険外国へ出かけるときに欠かせないのが保険。その特徴を知ったうえで必ず加入しよう。

海外旅行保険とは

補償項目

海外旅行保険の特徴と加入方法

海外旅行保険の仕組みはどうなっているにおでしょうか?また、何を基準にして保険会社を選べば正解なのか。ここでは、加入方法を含め、海外旅行保険の特徴を紹介します。



☆保険のタイプ「セットプラン」:基本契約と特約がパッケージになっているプランです。旅行者に必要な補償がほとんどカバーされているため、一般的にはこのタイプに加入する旅行社が多いです。



☆「ばら掛け」:例えば高額な持ち物を持っていない人が100万円の携行品損害の保険に入っても意味がないです。ばら掛けは、個々の保険金額をバラバラに設定することができます。ムダな保険料を払いたくない人向きです。フリープランともいいます。



☆保険の加入方法旅行会社のカウンターをはじめ、出発する空港でも申込み可能です。また、保険会社のホームページ上からも加入できます。ただ、「面倒だから出発間際に空港で」というのはあまりおすすめ出来ません。自宅出発前に加入しておけば、家を出て空港に到着するまでに国内で起きた事故でも補償されるので、保険は出発前に入るようにしておきたいです。



☆クレジットカード付帯保険の「落とし穴」ゴールドカードなどには、海外旅行保険が付帯しているケースが多いが、こうした付帯保険には思わぬ落とし穴があります。



たとえば、「疾病死亡補償が補償されない」、「補償金額が足りず、差額が自己負担になった」、「旅行代金をカード決済していないと付帯保険の対象にならない」といったことが起こりえます。



また、保険が付帯されたクレジットカードを複数枚所有していても、補償金額が全てにおいて合算されるとは限りません。自分のカードの付帯保険がどんな内容なのか、きちんと確認したうえで、「上乗せ補償」として、海外旅行保険に加入するのがおススメです。



☆保険を選ぶ際の確認項目従来は、すべての会社の保険料が横並びで同額だったが、金融の自由化により、徐々に状況が変化してきています。



特にインターネットで加入すると、カウンターで入るより大幅に保険料が安くなる商品も出てきていますので、保険会社のサイトをチェックしてみましょう。



また、自分が渡航する先に、事故や急病で通院や入院した場合にはキャッシュレス(自分では直接払わず、支払手続きはすべて保険会社が代行してくれるサービスの事)で、診察や治療が受けられる病院がどの程度あるかという点も、保険会社選びの重要なポイントとなります。なお、現在では、ほとんどの保険会社が24時間日本語サービスを展開しています。

海外旅行保険の請求方法

ケガや病気をしたり、事故や盗難に遭った場合は、次の手順で保険の請求を行います。

保険請求の手順

(1)保険会社への通知

☆事故が発生したらなるべく早急に現地または日本の保険会社の窓口に連絡を入れましょう。このときに必要な書類について確認しておくようしましょう。


(2)必要書類の提出

☆病気、ケガの場合:医師の診断書、治療費の明細、支払いの領収書など


☆携行品の破損、盗難:警察への盗難届出証明書、第三者の事故証明書など

クレジットカードの海外旅行保険

クレジットカードに自動付帯している保険最近では、一般カードでも海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードが数多くあります。


☆自分が所有しているカードに保険がセットされているか、補償内容はどうなっているのかなどを公式サイト等でチェックして下さい。


そして、付帯している保険の内容と旅行の目的・行程などを考慮したうえで補償が十分であるかを検討し、不足と思われる部分をフリープランの保険で補うなどしてカード付帯保険を補足しましょう。


☆付帯保険には「利用付帯」と「自動付帯」があるクレジットカードに付帯している海外旅行保険は「利用付帯」と「自動付帯」に分類される。


☆「利用付帯」とは、旅行代金をクレジットカードで支払った場合のみ、海外旅行保険が有効になるというもの。


適用条件はカード会社によって規定が異なるが、ホテル宿泊代金や飛行機のチケット代、最寄り空港へのバスや電車といった交通費の支払いに利用した場合もOKとなることが多い。


☆一方の「自動付帯」とは、旅行についての支払いの有無に関わらず、クレジットカード会員であれば自動的に海外旅行保険が有効になるというもの。


自分が所持しているクレジットカードに海外旅行保険がセットされている場合、「利用付帯」か「自動付帯」かを確認しておこう。


クレジットカード付帯保険のチェック事項クレジットカード付帯保険でとくにチェックしたいポイントは下記に記載させていただきます。

チェックポイント

(1)死亡・後遺症の補償に比べて治療費補償が少額ではないか?

(2)賠償責任の補償額は十分か?

(3)航空機寄託手荷物や航空機の遅延補償は付いているか?

【参考リンク】


国内旅行保険

国内旅行保険とはどのような保険なのでしょうか?

補償対象となる項目とは


留学保険

留学の場合、旅行とは異なり、海外滞在が長期間になります。当然、病気やケガ、思わぬトラブルに遭遇する確率も高くなるので保険に必ず加入するようにしておきたいです。

どんな補償項目があるのか


荷物の準備

荷物の準備旅の携行品とバッグ選びのポイントとは。正しいパッキング術のノウハウも掲載。

旅の荷物の基本



自分が旅先で何をしたいのか、最優先すべきテーマを念頭に置いて、必要なものを選び、それらを入れるバッグを選択していきます。



辺境の地を旅するなら別ですが、外国でも入手可能なものが多いので、バッグに入れるべきか迷った場合は、置いていくほうが荷物を増やさずにすみます。

旅のバッグ選び



スーツケース特徴



向いている旅

バスでの移動が多く、添乗員や現地係員が荷物の管理を行ってくれるパッケージツアーや、空港やホテルの往復以外ほとんど移動がない1か所滞在型の旅、空港でレンタカーを借りて、移動はすべて車というドライブ旅行等が挙げられます。



サイズ以外の選択基準は3点あり、(1)素材、(2)フレーム、(3)キャスター。ボディの素材により重量や堅牢性も変わってきます。



★2輪のキャスターだと引っ張った際にスーツケースの幅が他の歩行者の邪魔をしてしまうことがあります。


☆4輪の方がスムーズに運べます。キャスターは直径を大きくすることで走行安定性をアップすることが可能です。特にヨーロッパの石畳では重宝します。



現在、スーツケースは直径 50 〜 80mm程度のキャスター付きが売れ筋です。この3点を考慮に入れてチェックし、自分の旅のスタイルに合ったものを選びましょう。


アメリカを旅する場合には




ソフトキャリーケース特徴

ファブリックなどで作られたソフトなスーツケース型のバッグに伸縮性のあるハンドルとキャスターが付いたものです。



向いている旅

どんな旅でも対応可能です。高級ホテルでもまず問題はない。


バックパック特徴




向いている旅

ユースホステルやエコノミーな宿に泊まり、あちこちを周遊する移動型の旅や、ある程度長期にわたる旅等が向いているでしょう。


ボストンバッグ(ダッフルバッグ)特徴




向いている旅

荷物が少ない短期間の旅・荷物の少ない旅慣れた人。また、移動が多い旅だが、バックパックには違和感があるという人が利用されると便利でしょう。

パッキング術

パッキング術の基本をマスターしましょう。

パッキングは、持っていくバッグによって方法が異なりますが、旅の荷物のメインは衣類です。


スーツケースなどハードタイプのバッグの場合の収納方法。



キャリーケースなどソフトタイプのバッグの場合の収納方法。


バックパックの場合の収納方法。



荷物を準備する際の注意点

パッキングする荷物はこうして選ぼう旅立ちを前に、荷物の準備を始める際に、特にチェックしたいのは次の2点です。


現地で使えるのか?


現地で入手可能か

外国の薬は日本人には強過ぎることもあります。例えば下痢になった場合は、水分補給が一番大切なので、ミネラルウォーターに溶かすタイプの粉末状のスポーツドリンクを用意しておくとなお安心です。

ただし、海外で乗り継ぐ場合は、その国のルールに従い没収される可能性もあるので注意が必要です。各国の機内持込についての状況については、利用する航空会社や空港の公式サイトにアクセスして確認しましょう。



【参考リンク】


変圧器の選び方



電気プラグ変換アダプターの選び方





旅する国の状況を調べよう



便利グッズ

海外旅行を快適にするアイテム海外旅行をより楽しく便利にしてくれるアイテムを紹介します。

機内で快適に過ごすために




ネット通販でも入手可能なので、説明をよく読み、商品特性を理解したうえで購入しよう。


セキュリティグッズ



電子翻訳機・電子辞書


FrontPage