FrontPage鳥取県

ラジウム含有量世界一、40軒もの旅館が建ち並ぶ情緒豊かな温泉です。
与謝野晶子や野口雨情など多くの歌人や文人も訪れました。21の湯めぐりができるほか、三朝川の橋のたもとにあり、誰でも入れて人気の露天風呂「河原風呂」も楽しめます。
泉質は放射能泉、塩化物泉(単純放射能泉、ナトリウム.塩化物・炭酸水素塩泉)
旅館は「万翠楼」(2008年かつうら御苑グループに経営が移り、館内施設もリニューアル「岩崎」(バリアフリー対応で清潔感あふれるお宿)「大橋」(国有形文化財指定旅館、宮大工が年月をかけ造り上げた日本建築の最高峰)

鳥取が世界に誇る「梨」の魅力がまるごと体験できる二十世紀梨のテーマパークミュージアム。「人と梨が育む文化」を探求する、日本で唯一の博物館です。シアターでは中国で生まれた梨がシルクロード、朝鮮半島を経て二十世紀梨になるまでのストーリーを映像で展開。梨を使った創作料理のレシピなど、おいしい、楽しいグルメ&アクティブな体験メニューが充実しています。休館日/毎月第1,3,5月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始。

東西16㎞、南北2㎞の砂丘は、さざ波模様の風紋や、すだれのような砂簾がデリケートな美しさ。遊覧ラクダに乗ると、アラビア旅行しているような気分が味わえます。

伯誉富士とも呼ばれる大山は、四季折々の自然が織りなす景観がみごとです。
トレッキング、スキーなどのスポーツも楽しめます。古来より霊山とされ、由緒ある神社仏閣が開かれました。

オオクニヌシノミコトとともに国造りをしたスクナヒコナノミコトが発見したと伝えられ風土記にも記録されている目本有数の名湯です。宍道湖へと流れ込む玉湯川に沿って風格ある宿が立ち並び、風惰ある温泉街が広がっています。
泉質は硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉)

風光明媚な湖畔の風景に溶け入るように静かに佇んでいるはわい温泉。まぶしいほどの白い砂、青い海、美しいロケーションを誇るハワイ海水浴場にも近く、南国気分を体感できます。
4ヶ所に設けられた福禄寿の湯などの足湯巡りもお楽しみ頂けます。夜は 露天風呂を満喫し、
山陰の新鮮な魚介類に舌鼓。「遊・食・感」の三拍子をご堪能ください。

童謡と玩具がテーマのミュージアムです。懐かしい歌が聞こえてくるのは、木造の小学校舎が再現された童謡の部屋。おもちゃ展示室やおもちゃ工房なども楽しみです。入館料500円

かつて鳥取藩32万石の城下町として栄えた鳥取市。こんもりとした久松山の中腹にある鳥取城跡の二の丸跡からは市街地、本丸跡からは青く輝く日本海や鳥取砂丘を一望できます。

久松山麓にある緑ゆたかな久松公園でひときわ眼をひくクラシックな建物。旧藩主池田氏の別邸であった山陰に残る数少ない明治時代の洋館は重要文化財に指定されています。入館料150円

透明な海水に白亜の島々が浮かぶ浦富海岸は、その美しさから「山陰の松島」と呼ばれています。遊覧船で、女神が住むと歌われた鳥取の海を存分にお楽しみください。乗船料1,200円

広い敷地内には、自由にくつろぐことのできる施設がいっぱい。陶芸工房、織物工房かじかの池広場があり、1日たっぷり遊べます。

三朝温泉と一緒に楽しみたい古刹。役の行者が開いたと伝えられ、断崖に行者が法力によって投げ入れたという優美な奥の院、投入堂があります。

中国河北省と鳥取県との友好の証として造られた、国内最大級の中国庭園です。借景を取り入れた庭園芸術も見事。皇帝の描いた理想の世界が二十八景で表されています。入園料500円

  • 「白壁土蔵群」
    玉川沿いに並ぶ自壁土蔵群は周辺一帯を国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。石橋や赤瓦、白い漆喰壁が落ちついた風情を感じさせてくれます。
  • 「赤瓦」
    新たに十一号館が伸間入りしました。銘菓や地酒特産品などのお土産や工房などが営業しています。大正時代の醤油の仕込み蔵を改装した施設や京風の佇まいが残る商家、巨大な福禄寿が目印の老舗の造り酒屋などがあります。
  • 「倉吉ふるさと工芸館」
    伝統手工芸の倉吉絣の展示販売をしています。絣の機織り実演が見られます。
  • 「高田酒造」
    主屋は天保14年建築の国の有形文化財。倉吉の町屋の特徴がよく表れた造りです。
  • 「倉吉大店会」
    鳥取県第一号登録の国登録有形文化財。明治41年建築の旧国立第三銀行倉吉支店。山陰地方に現存する土蔵造り銀行建築の中でもっとも優れたものといわれます。
  • 「烏取二十世紀梨記念館」
    鳥取県名産の梨をテーマにした展示館。普段何気なく食べている梨ですが、その歴史や文化的な背景を知れば、味わいもいっそう増すに違いありません。中央ホールでは国内最大級の二十世紀梨の巨木の展示もあります。入場料200円
  • 「倉吉博物館」
    倉吉のシンボル、打吹(うつぶき)公園内に建つ博物館で、赤い瓦と白い壁が目を引く建物です。館内には倉吉の歴史・考古民俗資料や郷土ゆかりの作品が展示され、倉吉歴史民俗資料館と渡り廊下でつながっています。打吹公園は桜やツツジの名所です。入館料(常設展) 210円
  • 青山剛昌ふるさと館
    人気漫画「名探偵コナン」の原作者、青山剛昌氏にスポットを当てた記念館。「名探偵コナン」に登場する蝶ネクタイ型変声機、ターボエンジン付スケートボードなどの発明品の展示や疑似体験ができます。デビュー作品や海外出版物の展示、忠実に再現された青山氏の仕事部屋などがあり、見どころ満載です。「名探偵コナン」のキャラクターグッズなどの販売も行っています。料金700円

皆生温泉は、昭和56年に目本で初めてトライアスロンが開催された地です。海岸遊歩道には、日本発祥の地の記念碑も。毎年7月、鉄人たちが熱い戦いを繰り広げる犬会が行われます。

2003年に開館した、ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる氏の記念館です。ここでしか見られない貴重な作品やリアルな妖怪オブジェの作品がいっぱいです。入館料700円

大山の麓に広がるスケールの大きなフラワーパーク。熱帯の樹木が茂るガラスドームやヨーロッパ風の庭園、大山をバックに季節ごとの花が咲き乱れる丘、水上花壇など一日かかっても回りきれないほどの規模。子どもたちやファミリーも楽しめる芝生広場やビジュアルシアターのコーナー、展望回廊もそろった花の楽園です。入園料1,o00円(4月~11月)、700円(12月~3月)

日本最古級の彩色壁画が出土した上淀廃寺跡周辺の古墳群を中心とする総合歴史公園です。園内には堅穴式住居、高床式建物などがあり、古代ロマンたっぷり。入園料300円

コハクチョウの集団越冬地では日本南限の公園で、国内で確認される鳥たちの42%もの種類が記録されています。観察ホールで鳥の生態をじっくりとご覧ください。ネイチャーセンター入館料300円

牧場内にいる動物は、ミニ豚、鹿、ポニーなど、13種約160頭。危険のないおとなしい動物は放し飼いにされているので、自由な触れ合いが楽しめます。入園料800円

杉の木立に囲まれた地で厳かな雰囲気を醸しています。創建は奈良時代といわれ、平安時代は、山岳信仰の修行道場として100を超える寺院を持ち、高野山や比叡山に並ぶ大寺でした。現在は4つの参拝堂などを残すのみですが、歴史の重みを伝えます。

雄犬な大山の自然の中に、動物たちや花々がいっぱい。ふれあい牧場や芝生広場でのんびりしたあとは、搾乳体験をどうぞ。自家製ミルクや生クリームを使った食事やバーベキューも楽しめます。